2016年12月06日

地域包括ケアシステムを意識したSTの活動

D修正1.jpg
 当院では、平成28年4月より山梨市から「在宅医療連携拠点事業」を受託し、活動を進めています。この事業は在宅医療を提供する機関を連携拠点として、多職種協働による在宅医療の支援体制を構築し、医療と介護が連携した地域における包括的かつ継続的な在宅医療を目指す事を目的としています。
 先日、この事業の中の会議・学習会で保健師・ケアマネージャーと話をする機会がありました。「地域に多くの摂食嚥下障害者・家族が日々悩みを抱えて生活しています」という内容で、地域でSTの介入を待ってくれている人が多くいる事を実感しました。私からは、予防的観点からもSTの存在を多くの方に知って頂き、地域住民と一緒に取り組みたいとも伝えると、ある地域のサロンに参加のお誘いを頂けました。地域リハに参画できる第一歩でした。
 今回お伝えしたいのは、成人・小児問わず、担当患者が退院される時など地域の保健師や介護・療育に携わる職種の方と連携し合う機会がある場合に積極的に声をかけて自身の働く・住む地域の事をまず知る事。更に、担当患者が地域包括ケアシステムという大きな枠組みの中で生活する事を視野に入れた介入を意識するという事ではないかと感じています。

山梨市立牧丘病院
和泉 裕二

posted by st_yamanashi at 23:14| Comment(0) | lifestyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

“1分間スピーチ”のすすめ

吉澤先生 1分間~1画像k.jpg
 当院では、毎週のミーティングで、人前で話す力、そして表現力を更に豊かにするために“1分間スピーチ”を順番で行っています。
 1分間も話すなんて・・・と思う人もいるかもしれませんが、実際に話をしてみると、とても短くあっという間に経ってしまいます。ですので、ストップウオッチで時間を見ながら、むしろオーバーしないように、結論までを入れ込むスキルが必要です。
 当院のスタッフは、これまでに、入職してみての率直な感想であったり、大好きなバンドの話、ディズニーランドのおもてなし、休みの日にあったちょっとした出来事、家族のこと、はまっている事、新聞記事から思うこと、等で話をしてくれました。バラエティー豊かな内容で楽しく、そして意外な一面を見て驚くこともしばしばです。
 最近では、1分では話し足りず、“2分間スピーチ”になりました。(城南スタッフがおしゃべりというわけではありませんよ!)
 最初は、人前で話すことは皆得意ではなく、緊張しているスタッフが多かったですが、ネタを考えたり情報収集したり、話の構成を考えたり・・・と自然と話力・表現力のスキルアップにつながり、今では写真のように活き活きと話をしています。また、自身の成長を先輩方にアピールする場にもなっています。
みなさんの職場でも“1分間スピーチ”はいかがでしょうか?


甲府城南病院
吉澤 由香

posted by st_yamanashi at 20:35| Comment(0) | lifestyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月02日

地域の中でできること

h28.7.jpg
 地域包括ケアシステムと耳にする機会が増えていますが、一般病院の当院ではどこ吹く風で、少し社会の流れから離れているような気がしています。
 数か月前に地元の開業医の先生から「地域と連携した嚥下チームを作りたい」とお話がありました。病院の許可のもと地元の歯科医師、院内の耳鼻科医師、歯科口腔外科医師、放射線科、栄養科、STでチームが発足されました。外来の嚥下障害の患者様に対し耳鼻科または歯科口腔外科を受診していただき、VE、VFと評価を行い必要に応じて食形態や栄養の指導、STが訓練や指導を行う流れになります。
 冬場になると肺炎で入院される患者様が多く、以前の食事形態に戻す前に退院してしまう場合もあります。また最近では在宅や施設からの嚥下障害の患者様について問い合わせもあり、渡りに船!でした。
 人との出会いは一期一会ですが一人でも多くの方の「安全に楽しく食べる」を地域の方と連携して、陰ながら支えていくことができたらと野望を抱いております。

山梨赤十字病院 リハビリテーション部
深澤 有里先生
posted by st_yamanashi at 19:59| Comment(0) | gadget | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする